2010年03月27日

「誰もけじめをつけてない」前原国交相(レスポンス)

次々と政治とカネの問題が浮上する民主党の体たらくに23日、前原国交相が静かな怒りを表明した。一連の騒動が参議院選挙に与える影響を記者から問われ「選挙への影響はある」と断言。

「だれも政治と金の問題についてけじめをつけていない。それが支持率低下の大きな下落要因になっていると思う。政治家としてのけじめ、倫理観が、厳しく問われているのだろうという思いを強く持っている。国民からすればどうでもいい“民主党らしさ”とか、“参議院選挙を戦うために”という考え方は頭の中から除外すべき。根本的な問いかけとして、だれもけじめをつけていないということに大きな問題点がある」と、語った。

また、特定組合の丸抱え選挙についても批判。「支援者は神様だが、そうであっても是々非々でいかなければならないこともある。丸抱えでは言いたいことも言えなくなる」と話し、「私の選挙というと中心はあくまで後援会。団体にも支援いただいているが、それはワンオブゼム」と、一定の距離を保つことの必要性を訴えた。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
国交相、高速割引廃止の理由は「効果が小さい」
トヨタは顧客の視点が欠如している…前原国交相
民主党 特別編集
国土交通省 特別編集

民主、5月末までにマニフェスト原案(産経新聞)
千葉では瞬間風速38m、各地で強い風(読売新聞)
<名古屋市>市長支援団体、4月中に議会解散署名を開始(毎日新聞)
北教組事件 党内外から「小林氏辞職を」 本人は否定(毎日新聞)
眞子さま・佳子さまが卒業式、校門前で記念撮影(読売新聞)
posted by トウジヨウ テツオ at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。